物性研究所 短期研究会

「物性研究における計算物理---  新しいアルゴリズムと超大型計算」


日時:平成11年6月14日  --  平成11年6月16日
会場:東京大学物性研究所Q棟講義室
 

6月 14日 (月)

強相関電子系 1
13:00--13:30 求幸年 (東工大)
             「軌道、格子のカップルした強相関電子系
                ----マンガン酸化物モデルの大規模シミュレーション----」
13:30--13:50 筒井 健二 (東北大金研)
             「ハバード模型に対する共鳴非弾性X線散乱スペクトル」
13:50--14:20 常次 宏一 (筑波大物工)
             「強相関電子系のダイナミックスの厳密対角化による研究」
休憩 (30 分)

量子化学と物性
14:50--15:30 平尾 公彦 (東大工)
             「理論化学における大規模計算の現状と将来の可能性」
15:30--16:00 常行 真司 (東大物性研)
             「第一原理計算で見る水素の量子効果」
休憩 (20 分)

量子系のダイナミックス 1
16:20--16:50 杉野 修、宮本 良之 (NEC基礎研)
             「実時間密度汎関数法を用いた電子イオン系のシミュレーション:
                光誘起欠陥形成、原子脱離、電気伝導への応用」
16:50--17:10 永野 粒一朗 (新潟大自然)
             「時間依存密度汎関数法のイオン衝突への応用」
17:10--17:30 渡辺 尚貴 (東大理)
             「波動関数の時間発展の高速で安定な計算法」
17:30--17:50 三浦 良雄 (阪大工)
             「水素-固体表面反応における高次元量子計算」
 

6月 15日 (火)

強相関電子系 2
9:00--9:30   遠山 貴己 (東北大金研 )
             「銅酸化物高温超伝導体の電子状態とスピン・電荷励起」
9:30--9:50   柴田 康雅 (東北大金研)
             「(La,Sr)_2CuO_4の電子状態と励起スペクトル」
9:50--10:10  浅井 美博 (電総研)
             「二次元ハバードモデルの基底状態の研究」
10:10--10:30 求 幸年、古川 信夫 (東工大理、青学大理工)
             「古典自由度と相互作用する電子系に対する新しいモンテカルロ法」
休憩 (30 分)

量子系のダイナミックス 2
11:00--11:30 島 弘幸、中山 恒義 (北大工)
             「量子系における動的応答関数の高速アルゴリズム」
11:30--12:00 飯高 敏晃 (理研)
             「量子ダイナミクス法による(非)線形応答関数の計算とその応用」
12:00--12:30 宮下 精二、斉藤 圭司 (東大工)
             「微小磁性体の磁化過程における非断熱遷移と緩和現象」
休憩 (60 分)

第一原理計算 1
13:30--14:00 土田 英二 (東大情報基盤セ)
             「有限要素法を用いた第一原理電子状態計算」
14:00--14:20 小口 多美夫 (広大先端)
             「繰返し法によるFLAPW電子状態計算」
14:20--14:40 吉田 博 (阪大産研)
             「第一原理計算による物質設計:予言と実験」
14:40--15:00 平井 國友 (奈良医大医学)
             「Fe/Cr人工格子の第一原理計算」
休憩 (20 分)

大規模 and/or 並列計算
15:20--15:50 藤堂 眞治 (東大物性研)
             「連続虚時間ループアルゴリズムとランダム量子スピン系への応用」
15:50--16:20 伊藤 伸泰、尾関 之康 (東大工、東工大理)
             「極限シミュレーションと非平衡緩和法」
16:20--16:40 林 亮子 (北陸先端科学技術大情報)
             「フラーレン生成MDシミュレーションにおける並列化手法」
16:40--17:00 中田 寿穂、 羽田野 直道、 古川 信夫 (青学大理工)
             「パソコンを用いたクラスタ・コンピュータシステムの開発」
17:10--    「物性研スーパコンピュータシステム更新について」
 

6月 16日 (水)

第一原理計算 2
9:00--9:30   星野 公三 (広大総合科学)
             「液体Seの金属非金属転移」
9:30--9:50   仙田 康浩 (広大生物圏)
             「第一原理分子動力学法による液体アルカリ-鉛合金の研究」
9:50--10:10  下司 雅章 (金沢大自然)
             「高圧セレン単斜晶相の電子状態と構造相転移」
10:10--10:30 小田 竜樹 (金沢大理)
             「オーダーNタイトバインディング分子動力学計算と
                カーボン液体への適用」
休憩 (20 分)

古典巨視系
10:50--11:20 山本 量一 (京大理)
             「ガラス転移のメカニズム」
11:20--11:40 渕崎 員弘 (九大理)
             「過冷却液体での遅いダイナミクス:
                動的密度汎関数理論によるアプローチ」
11:40--12:00 礒部 雅晴 (九大理)
             「剛体円盤分子動力学シミュレーションにおける大規模計算と
                高速化の手法」
12:00--12:20 川村 光 (京工繊大工芸)
             「ボルテックスグラス相の安定性と熱平衡シミュレーション」
休憩 (50 分)

量子スピン系
13:10--13:30 坂井 徹 (姫路工大理)
             「低次元磁性体の磁化過程」
13:30--13:50 飛田 和男 (埼玉大理)
             「1次元準周期ハイゼンベルグモデルの基底状態」
13:50--14:10 陳偉、 飛田 和男 (埼玉大理)
             「ボンド交替と単一イオン異方性のある一次元S=1ハイゼンベルグ模型の
                相転移」
休憩 (10 分)

古典スピン系
14:20--14:50 福島 孝治 (東大物性研)
             「拡張アンサンブル法を用いたランダムスピン系の数値計算」
14:50--15:10 尾関 之康、伊藤 伸泰 (東工大理・東大工)
             「非平衡緩和法によるスピングラス転移の解析」
15:10--15:30 川島 直輝 (都立大理)
             「2次元スピングラスのドロップレット励気状態」
15:30--15:50 高山 一 (東大物性研)
             「3次元イジングスピングラス模型のエイジング現象」
15:50--16:10 佐々木 志剛、根本 幸児 (北大理)
             「多層ランダムエネルギーモデルにおけるエイジング現象」
 

世話人代表: 高山  一 (東大物性研)