ISSP - The institute for Solid State Physics

物性研について
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
物性科学って何だろう?
新しい視野へ
微小な世界へ 極限の世界へ 新しい視野へ スーパーコンピュータ 物性研で働く研究員の夢

実際に「物」を見るとよく分かります。目に見える光(可視光)以外にもⅩ線など自然界には目に見えない光も存在します。物性研では、このような光や中性子といった「量子ビーム」を用いて物質を新しい視点から調べます。




Ⅹ線

Ⅹ線を結晶に照射すると回折Ⅹ線のパターンが得られます。この解析をすると物質の原子構造を決定することができます。




中性子

中性子線は水素などの軽元素の観測や、スピン配列の決定に適しています。




瞬間を捕える

1秒で世界を7周半する光。
この光が原子1個分の距離を動く時間10-18s(as)を物性研では測れます。