Home >  研究会等 > 第7回材料系ワークショップ〜第一原理計算と実験のデータ同化による材料開発手法〜

第7回材料系ワークショップ〜第一原理計算と実験のデータ同化による材料開発手法〜

日程 : 2019年2月8日(金) 10:00 - 17:30 場所 : 秋葉原UDX 4階 NEXT-1 主催 : 一般財団法人 高度情報科学技術研究機構 世話人 : 高度情報科学技術研究機構 ワークショップ担当
e-mail: hpci-workshop@hpci-office.jp

スーパーコンピュータや計算科学アルゴリズムの進化により、物質・材料に対するより精密な数値シミュレーションが可能になりました。第一原理計算はそのシミュレーションの重要な計算手法の一つです。

本ワークショップでは、これまでにも企業や研究機関などの材料系分野の研究・開発者の方にシミュレーションの有効性を知って頂くことを目的に、材料系アプリケーションの使い方や研究活用事例、大規模シミュレーションを行うためのノウハウ、チューニング手法などの話題を取り上げています。そして、これから材料系アプリケーションを使用してみたいという方から、大規模シミュレーションを検討されている方まで幅広く、利用者に有益となるような情報提供を行っています。

近年、シミュレーションや実験によって、大量のデータの収集が可能になりましたが、その活用方法はまだ発展途上です。特に、材料系のシミュレーションにおいては、ポスト「京」に向けて、様々な物質の網羅的な計算が可能になり、そのデータの蓄積は加速していくと考えられます。今回は、そのデータの活用例として、数値シミュレーションに実測データを取り込むデータ同化に着目し、第一原理計算と実験の融合による新たな手法も紹介します。


備考 : http://www.hpci-office.jp/pages/ws_material_190208
(公開日: 2018年12月28日)