ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
放射線管理室
放射線管理委員長
森 初果

放射線管理室は、物性研究所における放射性物質(U等核燃料物質を含む)や放射線発生装置(X線装置を含む)
の取扱において、放射線取扱者の放射線障害を防止し、安全を確保することを目的として設置されている。そのため、放射線取扱に関わる全所的な放射線管理業務として、放射性物質や放射線発生装置の新規使用、変更及び廃止に伴う法律手続き、監督官庁に提出する放射線管理報告書等の作成、放射線管理区域の線量測定、X線装置等の定期検査の実施及び放射線取扱者の被ばく線量や特別健康診断の記録、放射線取扱者の教育訓練等を行っている。また、当室には、U、Th などの非密封核燃料物質や22Na 密封線源を用いた研究などができる実験室や各種放射線(X線を含む)検出器を備えている。


主要設備
  • 化学実験室(非密封核燃料物質を解放で扱える物性研究所唯一の実験室)
  • ポジトロン実験室(22Na 密封線源を用いた低速ポジトロンビームによる
    実験が行える)
  • 熱蛍光線量計
  • Ge 半導体検出器
  • α線検出器
  • 液体シンチレーションカウンター
  • 各種サーベイメーター等
  • 汚染検査室(ハンドフットクロスモニターによる汚染の確認)
ハンドフットクロスモニター
ハンドフットクロスモニター