ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
高圧合成室

高圧合成室では、マルチアンビル装置やダイヤモンドアンビル装置と呼ばれる超高圧発生装置を用いて、数千気圧から100万気圧を超す超高圧を実験室内で発生させ、室温から数千℃まで温度を変えながら、様々な物質の構造や物性を解明する研究を行う事ができます。またそれらの実験で得られた情報を元に、地球や惑星の内部構造を研究したり、常圧下では合成できないさまざまな新しい物質の合成を行う研究も行われています。

主要設備
  1. 若槻型キュービックプレス(東芝製、700トンプレス)。4GPa程度までの高温高圧実験用
  2. DIA型キュービックプレス(神戸製鋼製、250トンプレス)。材料の室温圧縮実験用
  3. CAPRICONプレス(トライエンジニアリング製、500トンプレス)。DIA型一段式。7GPa程度までの高温高圧実験用
  4. IROHAプレス(トライエンジニアリング製、700トンプレス)。Kawai型(111)押し2段式。26mm角炭化タングステンアンビルと組み合わせ、最大で23 GPa程度までの高温高圧実験用
  5. Diamond Anvil Cell。数GPa~100GPaを超える圧力領域での高温高圧実験用
  6. レーザー加熱実験装置
  7. 高圧X線回折実験装置
  8. 微小領域X線回折実験装置
  9. 顕微ラマン分光装置
  10. YAGレーザー加工機
  11. その他、焼結ダイヤモンドを研磨する放電加工機や、ダイヤモンドアンビルを研磨する宝石研磨機、マルチアンビル装置のパーツを加工する汎用旋盤の他にコンピューター駆動のモデリングマシンなど、各種の特殊な加工装置も設置されています。
 
利用案内
  • 装置の使用を希望する方は、事前に実験室スタッフにご相談ください。
  • 所外の方で利用を希望する方は、共同利用申請をして頂く事になります。(共同利用の申請前には、必ず実験室スタッフと相談をしてください。事前相談が無い場合は申請を却下する事があります。)
  • 企業との共同研究も受け付けております。共同研究を希望される企業の担当者の方は、スタッフへご相談ください。
  • 問い合わせ先 
    hgotou*
    *= @issp.u-tokyo.ac.jp