ISSP - The institute for Solid State Physics

Organization
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
低温液化室
低温委員長
山下 穣
実験室ホームページへ

低温液化室は液体ヘリウムと液体窒素を供給し、あわせて低温技術に関するサービスや柏キャンパス全体の高圧ガス ボンベの管理も行っている。液体ヘリウムは物性研究に必要 で、研究者や学生に供給される。蒸発したヘリウムガスは回 収し、精製して再液化に利用する。2015年度の液体ヘリウ ムの生産量と供給量はそれぞれ約322,000 L、227,170 L である。液体窒素は外部より購入し、供給している。2015年度の液体窒素の使用量は881,252 L となっている。


主要設備
  • ヘリウム液化装置Ⅰ(リンデ) 200 L/hr
  • ヘリウム液化装置Ⅱ(リンデ) 233 L/hr
  • 液体ヘリウム貯槽 10,000 L
  • 液体窒素貯槽 20,000 L
  • 回収用ヘリウムガス圧縮機 190 m3/hr
  • 移動用ヘリウムガス容器 500 L, 250 L, 100 L etc.
  • 遠心式ヘリウム汲上ポンプ 20 L/min
ハンドフットクロスモニター
ヘリウム液化機、貯槽および遠心汲み上げポンプ