GnuPG 1.2.2 用 patch

Last Modified: 2003/05/08

鍵の検証機能のバグを修正。
(参考)

Binary

gnupg-1.2.2-i686.tar.bz2 (1073kB)
コンパイル環境

Source

次の 2 つのファイルをダウンロードする。

$ tar jxvf gnupg-1.2.2.tar.bz2
$ patch -p0 < gnupg-1.2.2-pass-cygwin-ja.patch
$ cd gnupg-1.2.2
$ CFLAGS="-O3 -march=i686" ./configure
$ make
$ make install

GnuPG 1.2.1 用 patch (obsolete)

2002/12/22

Windows 上の Emacs から GnuPG を呼び出すには patch をあてて compile し直さないといけない。
http://katsu.watanabe.name/doc/cygwin/
↑のサイトだと gnupg-1.0.7-1 用なので、そこで配られている patch を gnupg-1.2.1 用に修正した。

(compile には cygwin が必要)

Binary

gnupg-1.2.1-1-i686.tgz (1220kB)

Source

次の 2 つのファイルをダウンロードする。

$ tar jxvf gnupg-1.2.1-1-src.tar.bz2
$ tar zxvf gnupg-1.2.1.tar.gz
$ patch -p0 < gnupg-1.2.1-1.patch
$ patch -p0 < gnupg-1.2.1-1-pass-cygwin.patch
$ cd gnupg-1.2.1
$ scripts/autogen.sh
$ RANLIB="ranlib" CC="gcc" CFLAGS="-O3 -march=i686" ./configure
$ make
$ make install

make は Dos の環境からしないとうまくいかないかもしれません。

HOME