日本から発見された新鉱物たち(No.81-100)

 

IMA No./year: オフィシャルリストに掲載されている年に準拠しており,改訂があるものは「発見年(リストに記載の数字)」としてある。年の後についている「s.p.」はspecial procedureの略で再定義・再命名・再承認などがあったことを意味している。

IMA Status: 鉱物の承認の状態を示しており,例えば A = approved(1958年にIMAが設立された後に承認された鉱物),G = grandfathered(IMA設立以前に発見されており現在でも有効と見なせる鉱物),Rd = redefined(すでに存在していたが規約が改訂された鉱物),Rn = renamed(すでに存在していたが名前が変更された鉱物),Q = questionable(情報が少なくて存在が疑わしい鉱物)。

未申請・未承認・取消しされたものや怪しいものはその他へ移動した。
学名はオフィシャルリストに準拠しているが,和名はなじみのあるものを採用している。
 
一覧表の鉱物をクリックすればそこへ,写真をクリックすれば保存先のFlickrからフルサイズが見られる。
写真の利用はhamane*へお問い合わせください(*@issp.u-tokyo.ac.jp)。
質問などもそこへ。

_


国産新鉱物一覧(No.81-100)

81. 岡山石 82. 津軽鉱 83. 苦土フォイト電気石 84. 糸魚川石 85. 蓮華石
86. ネオジウム弘三石 87. 多摩石 88. 大峰石 89. パラ輝砒鉱 90. 松原石
91. わたつみ石 92. 白水雲母 93. カリフェリリーク閃石 94. 新潟石 95. プロト直閃石
96. 定永閃石 97. ランタン弘三石 98. 東京石 99. イットリウム岩代石 100. セリウムヒンガン石

_

No.1-20 | No.21-40 | No.41-60 | No.61-80 | No.81-100 | No.101-120 | No.121-140 | その他

_


No. 81.

IMA No./year: 1997-002

岡山石 Okayamalite

Ca2B2SiO7

模式地:岡山県 高梁市 布賀鉱山

「未入手」

一覧へ戻る


No. 82.

IMA No./year: 1997-010

津軽鉱 Tsugaruite

Pb4As2S7

模式地:青森県 平川市 湯ノ沢鉱山

Tsugaruite
模式地標本

一覧へ戻る


No. 83.

IMA No./year: 1998-037

苦土フォイト電気石 Magnesio-foitite

□(Mg2Al)Al6(Si6O18)(BO3)3(OH)3(OH)

模式地:山梨県 山梨市 三富上釜口 京ノ沢

原著:Hawthorne F.C., Selway J.B., Kato A., Matsubara S., Shimizu M., Grice J.D., Vajdak J. (1999) Magnesiofoitite, (Mg2Al)Al6(Si6O18)(BO3)3(OH)4, a new alkali-deficient tourmaline. The Canadian Mineralogist, 37, 1439-1443.

Magnesio-foitite
模式地標本 Mg#が90%くらいで鉄はかなり少ない。しっかりと本鉱です。

Foitite
宮崎県乙ヶ渕鉱山(参考) 色が薄いところが本鉱だと言われているが実はそんなことはない。たくさん分析したが色の濃淡の範囲でMg#が40-45%で,どうやってもMg#は50%を超えることはない。調べた範囲でこの産地のはすべて鉄タイプのフォイット電気石です。

一覧へ戻る


No. 84.

IMA No./year: 1998-039

糸魚川石 Itoigawaite

SrAl2Si2O7(OH)2・H2O

模式地:新潟県 糸魚川市 親不知海岸

原著:Miyajima H., Matsubara S., Miyawaki R., Ito K. (1999) Itoigawaite, a new mineral, the Sr analogue of lawsonite, in jadeitite from the Itoigawa-Ohmi district, central Japan. Mineralogical Magazine, 63, 909-916.

itoigawaite
新潟県 糸魚川市 橋立

一覧へ戻る


No. 85.

IMA No./year: 1998-055

蓮華石 Rengeite

Sr4Ti4ZrO8(Si2O7)2

模式地:新潟県 糸魚川市 姫川 小滝川 親不知海岸

原著:Miyajima H., Matsubara S., Miyawaki R., Yokoyama K., Hirokawa K. (2001) Rengeite, Sr4ZrTi4Si4O22, a new mineral, the Sr-Zr analogue of perrierite from the Itoigawa-Ohmi district, Niigata Prefecture, central Japan. Mineralogical Magazine, 65 111-120.

Rengeite
糸魚川市海岸 松原石と見た目で区別が付かないので分析してみたら(Sr3.97Ba0.09Ca0.05)Ti3.94Zr1.05O8Si3.96O14。Zrがしっかり入っているのでこれは蓮華石。

一覧へ戻る


No. 86.

IMA No./year: 1998-063

ネオジウム弘三石 Kozoite-(Nd)

Nd(CO3)(OH)

模式地:佐賀県 唐津市 肥前町 新木場

原著:Miyawaki R., Matsubara S., Yokoyama K., Takeuchi K., Terda Y., Nakai I. (2000) Kozoite-(Nd), Nd(CO3)(OH), a new mineral in an alkali olivine basalt from Hizen-cho, Saga Prefecture, Japan. American Mineralogist, 85, 1076-1081

Kozolite-(Nd)_1
佐賀県 肥前町 満越 ハロゲン光源で撮影

kozolite-(Nd)_2
電子顕微鏡写真 上の写真でキラっとしているところは小さい結晶の集合です。

一覧へ戻る


No. 87.

IMA No./year: 1999-011

多摩石 Tamaite

(Ca,K,Na)xMn6(Si,Al)10O24(OH)4·nH2O(x = 1-2; n = 7-11)

模式地:東京都 奥多摩町 白丸鉱山

原著:Matsubara S., Miyawaki R., Tiba T., Imai H. (2000) Tamaite, the Ca-analogue of ganophyllite, from the Shiromaru mine, Okutama, Tokyo, Japan. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 95, 79-83

Tamaite
模式地標本 分析をするとこの結晶はCaタイプで,多摩石となる。

Eggletonite
模式地標本 分析をするとこの結晶はNaタイプで,Eggletonite[(Na,Ba,Ca,K)xMn6(Si,Al)10O24(OH)4·nH2O(x = 1-2; n = 7-11)]となる。多摩石とは見た目で区別できない。

一覧へ戻る


No. 88.

IMA No./year: 1999-025

大峰石 Ominelite

Fe2+Al3O2(BO3)(SiO4)

模式地:奈良県 天川村 弥山川

「未入手」

一覧へ戻る


No. 89.

IMA No./year: 1999-047

パラ輝砒鉱 Pararsenolamprite

As

模式地:大分県 杵築市 向野鉱山

原著:Matsubara S., Miyawaki R., Shimizu M., Yamanaka T. (2001) Pararsenolamprite, a new polymorph of native As, from the Mukuno mine, Oita Prefecture, Japan. Mineralogical Magazine, 65, 807-812

Pararsenolamprite1
Pararsenolamprite2
模式地標本 

結晶構造はすでに判明しているようだ。でもまだ論文になっていない,早く読みたいわ-。

一覧へ戻る


No. 90.

IMA No./year: 2000-027

松原石 Matsubaraite

Sr4Ti5O8(Si2O7)2

模式地:新潟県 糸魚川市 小滝川

原著:Miyajima H., Miyawaki R., Ito K. (2002) Matsubaraite, Sr4Ti5(Si2O7)2O8, a new mineral, the Sr-Ti analogue of perrierite in jadeitite from the Itoigawa-Ohmi district, Niigata Prefecture, Japan. European Journal of Mineralogy, 14, 1119-1128

Matsubaraite_1
Matsubaraite2
模式地標本
蓮華石とは見た目で区別できなさそうで,分析してみると松原石のほうでした。Sr3.79Ti5.33Si3.76O22,SrとSiがやや不足でTiがやや過剰。でも原著をみてもどうやらその傾向があるようだ。下のBSE像で一部(明るい部分)がTausonite(SrTiO3),これもレアな鉱物。

一覧へ戻る


No. 91.

IMA No./year: 2001-043

わたつみ石 Watatsumiite

KNa2LiMn2V2Si8O24

模式地:岩手県 田野畑村 田野畑鉱山

原著:Matsubara S., Miyawaki R., Kurosawa M., Suzuki Y. (2003) Watatsumiite, KNa2LiMn2V2Si8O24, a new mineral from the Tanohata mine, Iwate Prefecture, Japan. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 98, 142-150.

Watatsumilite
模式地標本 黄緑色のところ。色が不安だったので分析してみると,K0.96Na2.28Li1.0(Mn1.41Mg0.44Fe0.07)(V1.38Ti0.56)Si8.04O24(Li=1.0を仮定)。本鉱だろう。茶色のところはバナジウムを含むエジリンでした。

一覧へ戻る


No. 92.

IMA No./year: 2001-045

白水雲母 Shirozulite

KMn2+3(Si3Al)O10(OH)2

模式地:愛知県 設楽町 田口鉱山

白水雲母 Shirozulite
模式地標本 山田滋夫氏から恵与いただいた。金雲母にしか見えないががMnが主成分で本鉱であった。組成はK0.99(Mn1.52Mg0.86Al0.35Fe0.22Ti0.06)Σ3Si2.60Al1.38O10(OH)2.

一覧へ戻る


No. 93.

IMA No./year: 2001-049(2012s.p.)

カリフェリリーク閃石 Potassic-ferri-leakeite(原記載はPotassic-leakeite)

KNa2Mg2Fe3+2LiSi8O22(OH)2

模式地:岩手県 田野畑村 田野畑鉱山

「未入手」

一覧へ戻る


No. 94.

IMA No./year: 2001-055

新潟石 Niigataite (2016年に復活)

CaSrAl3O(Si2O7)(SiO4)(OH)

模式地:新潟県 糸魚川市 宮花海岸

原著:Miyajima H., Matsubara S., Miyawaki R., Hirokawa K. (2003) Niigataite, CaSrAl3(Si2O7)(SiO4)O(OH): Sr-analogue of clinozoisite, a new member of the epidote group from the Itoigawa-Ohmi district, Niigata Prefecture, central Japan. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences 98, 118-129.

Niigataite
模式地標本 中央黄土色結晶は基本的には緑泥石だが,その中に本鉱が含まれていた。薄紫はダイアスポア。

2006年の緑簾石族命名規約によって学名が”Clinozoisite-(Sr)”になっていたが,2016年の命名規約の再改定によって原記載どおりの”Niigataite”が復活することになった。

一覧へ戻る


No. 95.

IMA No./year: 2001-065(2012s.p.)

プロト直閃石 Proto-anthophyllite

□Mg2Mg5Si8O22(OH)2

模式地:岡山県 新見市 高瀬鉱山

原著:Konishi H., Groy T.L., Dodony I., Miyawaki R., Matsubara .S, Buseck P.R. (2003) Crystal structure of protoanthophyllite: A new mineral from the Takese ultramafic complex, Japan. American Mineralogist, 88, 1718-1723

Proto-anthophyllite
模式地標本 ボーリングコアの一部

一覧へ戻る


No. 96.

IMA No./year: 2002-051(2012s.p.)

定永閃石 Sadanagaite(原記載はMagnesiosadanagaite)

NaCa2Mg3Al2(Si5Al3)O22(OH)2

模式地:岐阜県 揖斐川町 春日鉱山

原著:Banno Y., Miyawaki R., Matsubara S., Makino K., Bunno M., Yamada S., Kamiya T. (2004) Magnesiosadanagaite, a new member of the amphibole group from Kasuga-mura, Gifu Prefecture, central Japan. European Journal of Mineralogy, 16, 177-183

Sadanagaite1
模式地標本 角柱状。

Sadanagaite2
上標本の後方散乱二次電子像。
左側のやや暗いコントラストはパーガス閃石で,右の明るいコントラストが本鉱。この産地の角閃石はことごとくゾーニングしていて,主にはSi量が異なる。こんだけはっきり分かれているなんて,生成条件がある段階でパキッと変わったんだろう。

定永閃石に伴われてソーダ金雲母の産出が知られるが,ソーダ金雲母はこのタイプの石には来ない。理由はよくわからない。

一覧へ戻る


No. 97.

IMA No./year: 2002-054

ランタン弘三石 Kozoite-(La)

LaCO3(OH)

模式地:佐賀県 唐津市 肥前町 満越

原著:Miyawaki R., Matsubara S., Yokoyama K., Iwano S., Hamasaki K., Yukinori I. (2003) Kozoite-(La), La(CO3)(OH), a new mineral from Mitsukoshi, Hizen-cho, Saga Prefecture, Japan. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 98, 137-141.

Kozolite-(La)
模式地標本 ハロゲン光源 同じ光源でもネオジウム弘三石ほどはピンクにならない。

Kozolite-(La)_2
輪切りにしてSEMで見るとこうなる。明るい部分ほどNdが多く,暗いところほどLaが多い。玉の中心部が本鉱となる。

一覧へ戻る


No. 98.

IMA No./year: 2003-036

東京石 Tokyoite

Ba2Mn3+(VO4)2(OH)

模式地:東京都 奥多摩町 白丸鉱山

原著:Matsubara S., Miyawaki R., Yokoyama K., Shimizu M., Imai H. (2004) Tokyoite, Ba2Mn3+(VO4)2(OH), a new mineral from the Shiromaru mine, Okutama, Tokyo, Japan. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 99, 363-367

Tokyoite
模式地標本 赤いところ

一覧へ戻る


No. 99.

IMA No./year: 2003-053

イットリウム岩代石 Iwashiroite-(Y)

YTaO4

模式地:福島県 川俣町 水晶山

原著:Hori H., Kobayashi T., Miyawaki R., Matsubara S., Yokoyama K., Shimizu M. (2006) Iwashiroite-(Y), YTaO4, a new mineral from Suishoyama, Kawamata Town, Fukushima Prefecture, Japan. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 101, 170-177

Iwashiroite-(Y)_1
模式地標本

Iwashiroite-(Y)_2
三重県 マメドチ谷

マメドチ谷の鉱物はメタミクトなのでいわゆるフォーマン石としていったん報告したけど,メタミクトからの構造回復挙動を精査したらこれは岩代石として再結晶化することがわかった。化学組成的にもTa/(Ta+Nb)>0.9と非常にTaに富んでいる。この化学組成だとペグマタイト程度の温度では岩代石の構造しか安定化しない。

一覧へ戻る


No. 100.

IMA No./year: 2004-004

セリウムヒンガン石 Hingganite-(Ce)

BeCe(SiO4)(OH)

模式地:岐阜県 中津川市 蛭川田原

原著:Miyawaki R., Matsubara S., Yokoyama K., Okamoto A. (2007) Hingganite-(Ce) and hingganite-(Y) from Tahara, Hirukawa-mura, Gifu Prefecture, Japan: The description on a new mineral species of the Ce-analogue of hingannite-(Y) with a refinement of the crystal structure of hingganite-(Y). Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 102, 1-7

Hingganite-(Ce)
模式地標本

一覧へ戻る


 Posted by at 11:23 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.