日本から発見された新鉱物たち(No.21-40)

 

IMA No./year: オフィシャルリストに掲載されている年に準拠しており,改訂があるものは「発見年(リストに記載の数字)」としてある。年の後についている「s.p.」はspecial procedureの略で再定義・再命名・再承認などがあったことを意味している。

IMA Status: 鉱物の承認の状態を示しており,例えば A = approved(1958年にIMAが設立された後に承認された鉱物),G = grandfathered(IMA設立以前に発見されており現在でも有効と見なせる鉱物),Rd = redefined(すでに存在していたが規約が改訂された鉱物),Rn = renamed(すでに存在していたが名前が変更された鉱物),Q = questionable(情報が少なくて存在が疑わしい鉱物)。

未申請・未承認・取消しされたものや怪しいものはその他へ移動した。
学名はオフィシャルリストに準拠しているが,和名はなじみのあるものを採用している。
 
一覧表の鉱物をクリックすればそこへ,写真をクリックすれば保存先のFlickrからフルサイズが見られる。
写真の利用はhamane*へお問い合わせください(*@issp.u-tokyo.ac.jp)。
質問などもそこへ。

_


国産新鉱物一覧(No.21-40)

21. イットリウム飯盛石 22. 灰エリオン沸石 23. 褐錫鉱 24. 神津閃石 25. 阿仁鉱
26. 河津鉱 27. 若林鉱 28. 高根鉱 29. 南部石 30. ルテニイリドスミン
31. 苦土ジュルゴルド石 32. 木下雲母 33. 備中石 34. ソーダレビ沸石 35. 都茂鉱
36. 自然ルテニウム 37. 青海石 38. 益富雲母 39. 磐城鉱 40. 杉石

_

No.1-20 | No.21-40 | No.41-60 | No.61-80 | No.81-100 | No.101-120 | No.121-140 | その他

_


No. 21.

IMA No./year: 1967-033

イットリウム飯盛石 Iimoriite-(Y)

Y2(SiO4)(CO3)

模式地:福島県 川俣町 房又・水晶山

イットリウム飯盛石 Iimoriite-(Y)
模式地標本 長石にしか見えないのだが全体が本鉱である。結晶が産出することもあるようだがまだ手に入れていない。

一覧へ戻る


No. 22.

IMA No./year: 1967(1997s.p.)

灰エリオン沸石 Erionite-Ca

Ca5[Si26Al10O72]·30H2O

模式地:新潟県 新潟市 間瀬

「未入手」

一覧へ戻る


No. 23.

IMA No./year: 1968-004a

褐錫鉱 Stannoidite

Cu8(Fe,Zn)3Sn2S12

模式地:岡山県 美作市 金生鉱山

原著:Kato A. (1969) Stannoidite, Cu5(Fe, Zn)2SnS8, a new stannite-like mineral from the Konjo mine, Okayama Prefecture, Japan, Bulletin National Science Museum, Tokyo, 12, 165-172.

褐錫鉱 Stannoidite
褐錫鉱 Stannoidite
模式地標本 二枚目(拡大写真)の中央の大きめの割れ口を見せるものが褐錫鉱で,それを取り囲むやや金色が強めのものはモースン鉱。

一覧へ戻る


No. 24.

IMA No./year: 1968-028(2012s.p.)

神津閃石 Mangano-ferri-eckermannite (原記載はKozulite)

NaNa2[Mn2+4(Fe3+,Al)]Si8O22(OH)2

模式地:岩手県 田野畑村 田野畑鉱山

原著:南部松夫,谷田勝俊,北村強 (1969) 岩手県田野畑鉱山産新鉱物神津閃石について. 岩石鉱物鉱床学会誌, 62, 311-328.

神津閃石 Mangano-ferri-eckermannite
模式地標本 

神津閃石/kozuliteとして承認されたが,度重なる角閃石命名規約の変更を経て現在では上記の学名が正式名称。ただ,和名としての神津閃石はたぶんそのままになるだろう。角閃石の命名規約の変更はいつも例外をいくつも設けているのでよく読まないと混乱する。例えば本鉱はMangano-ferri-eckermanniteが正式名称だが,Mangano-alfvedsoniteという名前と誤認されやすい。その理由は岩手石の項を参考にしてください。

一覧へ戻る


No. 25.

IMA No./year: 1968-030

阿仁鉱 Anilite

Cu7S4

模式地:秋田県 北秋田市 阿仁鉱山

阿仁鉱 Anilite
模式地標本

一覧へ戻る


No. 26.

IMA No./year: 1968-014

河津鉱 Kawazulite

Bi2Te2Se

模式地:静岡県 下田市 河津鉱山

原著:Kato A. (1970) Kawazulite Bi2Te2S, in Introduction to Japanese Minerals. Geological Survey of Japan, Volume 39, 87-88

河津鉱 Kawazulite
河津鉱 Kawazulite
抗は違えどもいずれも模式地,河津鉱山産

一覧へ戻る


No. 27.

IMA No./year: 1969-024

若林鉱 Wakabayashilite

(As,Sb)6As4S14

模式地:群馬県 下仁田町 西ノ牧鉱山

原著:Kato A., Sakurai K., Ohsumi K. (1970) Wakabayashilite (As,Sb)11S18, in Introduction to Japanese Minerals, Geological Survey of Japan, Volume 39, 92-93

若林鉱 Wakabayashilite
模式地標本 黄色毛状が本鉱,赤は鶏冠石,黄色塊は雄黄

これもちゃんとした原記載論文が出てない。加藤らは化学組成を(As,Sb)11S18と提案したが,2005年に上記のものへ改められている(Bonazzi et al., 2005, American Mineralogist, 90, 1108-1114)。

一覧へ戻る


No. 28.

IMA No./year: 1970-034

高根鉱 Takanelite

(Mn2+,Ca)2xMn4+1-xO2·0.7H2O

模式地:愛媛県 西予市 野村鉱山

原著:Nambu M., Tanida K. (1971) New mineral takanelite. Journal of the Japanese Association of Mineralogists, Petrologists and Economic Geologists, 65, 1-15.

高根鉱 Takanelite
模式地丸野坑
組成分析ではCa優勢の部分は皆無で,どこを分析してもほぼMn-oxide。ほんの微量のSiO2が検出される。X線回折分析では軟マンガン鉱(pyrolusite)が優勢だったがわずかに高根鉱に由来するピークが確認された。いずれさらに精査するつもりだが,模式地の標本を見る機会はあまりないと思うのでとりあえず本鉱の標本として先に掲載しておこう。

一覧へ戻る


No. 29.

IMA No./year: 1971-032

南部石 Nambulite

LiMn2+4Si5O14(OH)

模式地:岩手県 洋野町 舟子沢鉱山

原著:Yoshii M., Aoki Y., Maeda K. (1972) Nambulite, a new lithium- and sodium-bearing manganese silicate from the Funakozawa mine, northeastern Japan. Mineralogical Journal, 7, 29-44

南部石 Nambulite
南部石 Nambulite
福島県 御斎所鉱山
色の濃淡はあれど独特なオレンジ色は黒色の鉱石の中で非常に目立つ。模式地よりもこの産地のほうがもはや主流になっている。

一覧へ戻る


No. 30.

IMA No./year: 1973s.p.

ルテニイリドスミン Rutheniridosmine

(Ir,Os,Ru)

模式地:北海道 幌加内町 雨竜川

原著:Harris D.C., Cabri L.J. (1973) The nomenclature of the natural alloys of osmium, iridium and ruthenium based on new compositional data of alloys from world-wide occurrences. The Canadian Mineralogist, 12, 104-112; Harris D.C., Cabri L.J. (1991) Nomenclature of platinum-group-element alloys: review and revision. The Canadian Mineralogist, 29, 231-237.

Platinum Group Element Mineral (Placer)
北海道沼田町熊の沢
左下:自然オスミウム
中央上:本鉱,Ir43.6Os38.7Ru17.1
右下:自然ルテニウム

一覧へ戻る


No. 31.

IMA No./year: 1973s.p.

苦土ジュルゴルド石 Julgoldite-(Mg)

Ca2MgFe3+2(Si2O7)(SiO4)(OH)2·H2O

模式地:三重県 鳥羽市 菅島

「未入手」

一覧へ戻る


No. 32.

IMA No./year: 1973-011

木下雲母 Kinoshitalite

BaMg3(Si2Al2)O10(OH)2

模式地:岩手県 野田村 野田玉川鉱山

原著:吉井守正,前田憲二郎,加藤敏郎,渡辺武男,由井俊三,加藤昭,長島弘三(1973)岩手県野田玉川鉱山産新鉱物木下石(kinoshitalite),地学研究,24, 181-190

木下雲母 Kinoshitalite
模式地標本

一覧へ戻る


No. 33.

IMA No./year: 1973-066

備中石 Bicchulite

Ca2Al2SiO6(OH)2

模式地:岡山県 高梁市 布賀鉱山

原著:Henmi C., Kusachi I., Henmi K., Sabine P.A., Young B.R. (1973) A new mineral bicchulite, the natural analogue of gehlenite hydrate, from Fuka, Okayama Prefecture, Japan and Carneal, County Antrim, Northern Ireland. Mineralogical Journal, 7, 243-251

備中石 Bicchulite
模式地標本 ゲーレン石の仮晶(内部に本鉱がある)

備中石 Bicchulite
破断面

一覧へ戻る


No. 34.

IMA No./year: 1974(1997 s.p.)

ソーダレビ沸石 Lévyne-Na

Na6(Si12Al6)O36·18H2O

模式地:長崎県 壱岐島 長者原

原著:Mizota T., Shibuya G., Shimazu M., Takeshita Y. (1974) Mineralogical studies on levyne and erionite from Japan. Geological Society of Japan Memoirs, 11, 283-290.
Coombs D.S., Alberti A., Armbruster T., Artioli G., Colella C., Galli E., Grice J.D., Liebau F., Mandarino J.A., Minato H., Nickel E.H., Passaglia E., Peacor D.R., Quartieri S., Rinaldi .R, Ross M., Sheppard R.A., Tillmanns E., Vezzalini G., (1997) Recommended nomenclature for zeolite minerals: report of the Subcommittee on Zeolites of the International Mineralogical Association, Commission on New Minerals and Mineral Names, The Canadian Mineralogist, 35, 1571-1606

ソーダレビ沸石 Lévyne-Na
模式地標本 この産地では芯に板状の本鉱がありそこから繊維状のソーダエリオン沸石が生えているのが典型。まれには本鉱の六角板状結晶が見える(中央)。化学組成でNa3Ca1.5組成を中間にどちらが多いかでソーダタイプかカルシウムタイプかが分けられる。この標本はNa3.88Ca1.04K0.35となりソーダレビ沸石となる。

カルシウムレビ沸石 Lévyne-Ca
参考までにこちらはカルシウムレビ沸石(島根県隠岐の島)。化学組成はCa2.76Na0.96K0.18

一覧へ戻る


No. 35.

IMA No./year: 1974-010a

都茂鉱 Tsumoite

BiTe

模式地:島根県 益田市 都茂鉱山

原著:Shimazaki H., Ozawa T. (1978) Tsumoite, BiTe, a new mineral from the Tsumo mine, Japan. American Mineralogist, 63, 1162-1165

都茂鉱 Tsumoite
模式地標本

一覧へ戻る


No. 36.

IMA No./year: 1974-013

自然ルテニウム Ruthenium

Ru

模式地:北海道 幌加内町 雨竜川

原著:Urashima Y., Wakabayashi T., Masaki T., Terasaki Y. (1974) Ruthenium, a new mineral from Horakanai, Hokkaido, Japan. Mineralogical Journal, 7, 438-444.

Platinum Group Element Mineral (Placer)
北海道沼田町熊の沢
左下:自然オスミウム
中央上:ルテニイリドスミン
右下:自然ルテニウム,Ru50.9Ir28.6Os20.5

一覧へ戻る


No. 37.

IMA No./year: 1974-031

青海石 Ohmilite

Sr3(Ti,Fe3+)(Si2O6)2(O,OH)·2H2O

模式地:新潟県 糸魚川市 青海町 金山谷

原著:Komatsu M., Chihara K., Mizota T. (1973) A new strontium-titanium hydrous silicate mineral from Ohmi, Niigata Prefecture, Central Japan. Mineralogical Journal, 7, 298-301

青海石 Ohmilite
模式地標本

一覧へ戻る


No. 38.

IMA No./year: 1974-046

益富雲母 Masutomilite

KLiAlMn2+(Si3Al)O10(F,OH)2

模式地:滋賀県 大津市 田上山

原著:Harada K., Honda M., Nagashima K., Kanisawa S. (1976) Masutomilite, manganese analogue of zinnwaldite, with special reference to masutomilite-lepidolite-zinnwaldite series. Mineralogical Journal, 8, 95-109

益富雲母 Masutomilite
模式地標本

一覧へ戻る


No. 39.

IMA No./year: 1974-049

磐城鉱 Iwakiite

Mn2+Fe3+2O4

模式地:福島県 いわき市 御斎所鉱山

原著:Matsubara S., Kato A., Nagashima K. (1979) Iwakiite, Mn2+(Fe3+,Mn3+)2O4, a new tetragonal spinelloid mineral from the Gozaisho mine, Fukushima Prefecture, Japan. Mineralogical Journal, 9, 383-391

磐城鉱 Iwakiite
模式地標本 キラついているところ

磐城鉱 Iwakiite
一部にはスピネルのような結晶面が見えることがある。

一覧へ戻る


No. 40.

IMA No./year: 1974-060

杉石 Sugilite

KNa2Fe3+2(Li3Si12)O30

模式地:愛媛県 上島町 岩城島

原著:Murakami N., Kato T., Miúra Y., Hirowatari F. (1976) Sugilite, a new silicate mineral from Iwagi Islet, Southwest Japan. Mineralogical Journal, 8, 110-121

杉石 Sugilite
模式地標本 うぐいす色部が本鉱,黒色部はエジリン。
一覧へ戻る


 Posted by at 3:26 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.