装置近況

 
  • ここでは各装置の近況を報告していきます。
  • 予約表なども参考に装置の状況を把握し、利用計画を立ててください。

2010FTEM

利用できます。

EDXを停止したので分析は2100電顕を使ってください。
そのほかの機能(冷却・高温下での観察)はこれまで通りです。

10/19から利用できます。10/18まで動作確認を中心とした作業。
10/2-利用停止。TEM室内クーラー故障のため。
7/12 V1バルブの開閉不良。電磁弁の交換で復旧。


2100TEM

利用できます。

10/19から利用できる見込み。10/16までBAKE OUT、10/17電圧調整、10/18動作確認作業。
10/2-利用停止。TEM室内クーラー故障のため。クーラー復旧後さらにBAKE OUTを実施してからの利用となります。


IT100SEM

利用できます。

10/30 試料へ到達する電流値が一桁低下する不具合。11/1-2で修理予定。→対物絞り孔がカーボン膜でコーティングされていた。今後は経過をモニターしていく。


5600SEM

利用できます。

4/14 キースイッチの故障。→内部のピン折れが原因。パーツの自己加工で対応(4/17)。


イオンスライサー

利用できます。

5/18 ターボポンプ故障_交換を手配中 → 交換にて復旧を確認(5/22)。

 Posted by at 2:57 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.