7月 252017
 

中辻研を中心とした研究グループにより反強磁性体マンガン合金 (Mn3Sn) において自発的な巨大熱起電力効果が発現することが見いだされました.電子顕微鏡室ではMn3Snの高分解能像観察とその解析が行われました.

Ikhlas M., Tomita T., Koretsune T., Suzuki M., Nishio-Hamane D., Arita R., Otani Y., Nakatsuji S. (2017) Large anomalous Nernst effect at room temperature in a chiral antiferromagnet. Nature Physics, doi:10.1038/nphys4181.(7月25日にオンライン公開)

→プレスリリース文

 Posted by at 9:41 AM