論文が出版されました

 共同利用, 成果  論文が出版されました はコメントを受け付けていません。
8月 242017
 

狭いバンドギャップを持つ半導体として期待される正方晶系FeAl2相が高圧下で安定になると理論的に予測し,合成実験においてその存在を証明しました.新領域木村研メンバーが主体となって研究がまとめられ,物性研では高圧合成室と電子顕微鏡室が連携して正方晶系FeAl2相の合成と構造解析が行われました.

Tobita K., Sato N., Katsura Y. Kitahara K., Nishio-Hamane D., Gotou H., Kimura K. (2017) High-pressure synthesis of tetragonal iron aluminide FeAl2. Scripta Materialia, 141, 107-110.

→実績


ダイヤモンドアンビルセル Diamond anvil cell (lever type)
高圧高温合成実験に使用されたクジラ型ダイヤモンドアンビルセル

 Posted by at 8:47 AM

論文が出版されました.

 成果, 電顕  論文が出版されました. はコメントを受け付けていません。
7月 252017
 

中辻研を中心とした研究グループにより反強磁性体マンガン合金 (Mn3Sn) において自発的な巨大熱起電力効果が発現することが見いだされました.電子顕微鏡室ではMn3Snの高分解能像観察とその解析が行われました.

Ikhlas M., Tomita T., Koretsune T., Suzuki M., Nishio-Hamane D., Arita R., Otani Y., Nakatsuji S. (2017) Large anomalous Nernst effect at room temperature in a chiral antiferromagnet. Nature Physics, doi:10.1038/nphys4181.(7月25日にオンライン公開)

→プレスリリース文

 Posted by at 9:41 AM

プレスリリース:三色に変化する新物質

 成果, 電顕  プレスリリース:三色に変化する新物質 はコメントを受け付けていません。
7月 152017
 

偏光や見る方向によって三色(赤-緑-黄)に変化する新物質:Ca3ReO5Cl2の合成に成功し,その色変化の機構が解明されました。電子顕微鏡室では化学組成の分析と,結晶の撮影が行われました。これだけ露骨に色変化を示す物質は大変珍しいと言えます。

Hirai D., Yajima T., Nishio-Hamane D., Kim C., Akiyama H., Kawamura M., Misawa T., Abe N., Arima T., Hiroi Z. (2017 in press) “Visible” 5d orbital states in a pleochroic oxychloride. Journal of the American Chemical Society. (7月17日にオンライン公開)

→プレスリリース文

Ca3ReO5Cl2

左写真:向きを変えて置くと同じ物質なのに赤・緑・黄色を呈する。
右動画:偏光を変えながら撮影すると連続的に赤→緑になるのが見て取れる。
  

 Posted by at 1:51 PM

新種の鉱物が誕生しました。

 成果, 鉱物  新種の鉱物が誕生しました。 はコメントを受け付けていません。
4月 212017
 

電顕室で調べられたAu6Hg5の化学組成を持つ鉱物が国際鉱物学連合から新種として承認されました。
学名:Aurihydrargyrumite,和名:金水銀鉱。

新鉱物の解説,発見の経緯などはこちら

金水銀鉱  Aurihydrargyrumite

 Posted by at 10:59 PM

論文が出版されました。

 成果, 鉱物, 電顕  論文が出版されました。 はコメントを受け付けていません。
4月 212017
 

新種の鉱物,伊予石(学名:Iyoite)および三崎石(学名:Misakiite)について記載論文が出版されました。それぞれの新種について,電子顕微鏡・単結晶X線回折・ラマン分光を利用して諸性質を明らかにしました。また三崎石についてはその合成法も報告しています。

Nishio-Hamane D., Momma K., Ohnishi M., Shimobayashi N., Miyawaki R., Tomita N., Okuma R., Kampf A.R., Minakawa T. (2017) Iyoite, MnCuCl(OH)3, and misakiite, Cu3Mn(OH)6Cl2: new members of the atacamite family from Sadamisaki Peninsula, Ehime Prefecture, Japan. Mineralogical Magazine, 81, 485-498.

→実績
新鉱物の解説,発見の経緯などはこちら
  
伊予石&三崎石 Iyoite &Misakiite

 Posted by at 8:46 AM

論文が出版されました。

 成果  論文が出版されました。 はコメントを受け付けていません。
3月 292017
 

カゴメ反強磁性体であるCdCu3(OH)6(NO3)2・H2Oについて,純良な単結晶の合成に成功し,カゴメ面内にのみNegative-Vector-Chirality秩序が生じることが明らかとなりました。電顕室では試料の同定やマクロ撮影が行われました。

Okuma R., Yajima T., Nishio-Hamane D., Okubo T., Hiroi Z (2017) Weak ferromagnetic order breaking the threefold rotational symmetry of the underlying kagome lattice in CdCu3(OH)6(NO3)2⋅H2O. Physical Review B, 95, 094427.

→実績


CdCu3(OH)6(NO3)2・H2O

 Posted by at 9:25 AM

論文が出版されました。

 共同利用, 成果  論文が出版されました。 はコメントを受け付けていません。
1月 072017
 

Spark Plasma Sintering (SPS)法で処理したNd-Fe-BマグネットにCu添加による磁気特性向上が認められ,その要因となるナノ組織を透過型電子顕微鏡を使用して評価を行いました。

[共同利用]Saito T., Nozaki S., Sajima Y., Nishio-Hamane D. (2016) Coercivity of Nd-Fe-B hot-deformed magnets produced by the spark plasma sintering method. AIP Advances, 7, 056205.

→実績

 Posted by at 8:25 AM

論文出版、プレスリリース

 成果, 鉱物  論文出版、プレスリリース はコメントを受け付けていません。
12月 012016
 

新種の鉱物、Bunnoite(豊石)について、その記載論文がMineralogy and Petrologyの110巻12月号に出版されたことを受け、科博、愛媛大との共同でプレスリリースを行いました。
豊石は「ブンノセキ」と読み、学名のBunnoiteは「ブンノアイト」の発音になります。

Nishio-Hamane D., Momma K., Miyawaki R., Minakawa T. (2016) Bunnoite, a new hydrous manganese aluminosilicate from Kamo Mountain, Kochi Prefecture, Japan. Mineralogy and Petrology, 110, 917-926.

→科博HP
→物性研HP

豊石の解説、発見の経緯などはこちら

Bunnoite
豊石の写真

 Posted by at 6:00 PM

PFハイライト

 成果  PFハイライト はコメントを受け付けていません。
9月 272016
 

170万気圧・3000ケルビン以上という超高圧高温環境においてジルコニア(ZrO2)がコチュナイト相からFe2P相へ相転移することが明かとなり,その要約がPFハイライトに掲載されました。

ハイライト:Nishio-Hamane D. (2016) Post-Cotunnite Phase Transition in Zirconia at High Pressure. Photon Factory Highlights 2015, 38-39.

元論文:Nishio-Hamane D., Dekura H., Seto Y., Yagi T. (2015) Theoretical and experimental evidence for the post-cotunnite phase transition in zirconia at high pressure. Physics and Chemistry of Minerals, 42, 385-392.

 Posted by at 1:59 PM

論文が出版されました。

 共同利用, 成果  論文が出版されました。 はコメントを受け付けていません。
8月 312016
 

超臨界水熱法によるBa1-xSrxZrO3ナノ粒子の合成とその生成機構を検討した研究で,電子顕微鏡室では透過型電子顕微鏡を用いたナノ粒子の観察とEDXを用いた単粒子組成分析が行われた。

[共同利用]Yoko A., Akizuki M., Umezawa N., Ohno T., Oshima Y. (2016) Growth of Ba1−xSrxZrO3 (0 ≤ x ≤ 1) nanoparticles in supercritical water. RSC Advances, 6, 67525-67533. (謝辞)

→実績

 Posted by at 12:37 PM