論文が出版されました

 共同利用, 成果  論文が出版されました はコメントを受け付けていません。
8月 242017
 

狭いバンドギャップを持つ半導体として期待される正方晶系FeAl2相が高圧下で安定になると理論的に予測し,合成実験においてその存在を証明しました.新領域木村研メンバーが主体となって研究がまとめられ,物性研では高圧合成室と電子顕微鏡室が連携して正方晶系FeAl2相の合成と構造解析が行われました.

Tobita K., Sato N., Katsura Y. Kitahara K., Nishio-Hamane D., Gotou H., Kimura K. (2017) High-pressure synthesis of tetragonal iron aluminide FeAl2. Scripta Materialia, 141, 107-110.

→実績


ダイヤモンドアンビルセル Diamond anvil cell (lever type)
高圧高温合成実験に使用されたクジラ型ダイヤモンドアンビルセル

 Posted by at 8:47 AM

論文が出版されました。

 共同利用, 成果  論文が出版されました。 はコメントを受け付けていません。
1月 072017
 

Spark Plasma Sintering (SPS)法で処理したNd-Fe-BマグネットにCu添加による磁気特性向上が認められ,その要因となるナノ組織を透過型電子顕微鏡を使用して評価を行いました。

[共同利用]Saito T., Nozaki S., Sajima Y., Nishio-Hamane D. (2016) Coercivity of Nd-Fe-B hot-deformed magnets produced by the spark plasma sintering method. AIP Advances, 7, 056205.

→実績

 Posted by at 8:25 AM

論文が出版されました。

 共同利用, 成果  論文が出版されました。 はコメントを受け付けていません。
8月 312016
 

超臨界水熱法によるBa1-xSrxZrO3ナノ粒子の合成とその生成機構を検討した研究で,電子顕微鏡室では透過型電子顕微鏡を用いたナノ粒子の観察とEDXを用いた単粒子組成分析が行われた。

[共同利用]Yoko A., Akizuki M., Umezawa N., Ohno T., Oshima Y. (2016) Growth of Ba1−xSrxZrO3 (0 ≤ x ≤ 1) nanoparticles in supercritical water. RSC Advances, 6, 67525-67533. (謝辞)

→実績

 Posted by at 12:37 PM
7月 222016
 

平均粒径と形状を制御した高品質Pr-doped CaTiO3ナノ粒子を作成するために連続的水熱法の合成条件を模索した研究で,電子顕微鏡室では透過型電子顕微鏡をもちいて各条件において合成されたナノ粒子の観察を行いました。

[共同利用]Sue K., Kawasaki S., Sato T., Nishio-Hamane D., Hakuta Y., Furuya T. (2016) Continuous hydrothermal synthesis of Pr-doped CaTiO3 nanoparticles from a TiO2 sol., Industrial & Engineering Chemistry Research, 55, 7628-7634.

→実績

 Posted by at 8:55 AM
7月 152016
 

円錐状の炭素質ひげ状結晶(graphitic whisker)について,その構造は傘状のキャップをいくつも重ねたモノかそれとも一枚の長いシートがくるくると巻き貝状になっているモノなのかという議論が続いていましたが,透過型電子顕微鏡で得られた画像を解析することで巻き貝状であることが明らかになりました。

[共同利用]Saito Y., Nishio-Hamane D. (2016) Helical superstructure of continuum graphene cone uncovered by TEM analysis of herringbone-striped pattern in graphitic whiskers., Journal of Crystal Growth, 451, 27-32.

→実績

 Posted by at 11:47 PM
7月 042016
 

Spark Plasma Sintering (SPS)法で処理したNd-Fe-BマグネットにZn添加による磁気特性向上が認められ,その要因となるナノ組織を透過型電子顕微鏡を使用して評価を行いました。

[共同利用] Saito T., Sajima Y., Nishio-Hamane D. (2016) Enhancement of magnetic properties by Zn addition in Nd-Fe-B hot-deformed magnets produced by spark plasma sintering method. Journal of Alloys Compounds, 687, 662-666.

実績

 Posted by at 2:01 PM

論文が受理/出版されました

 共同利用, 成果  論文が受理/出版されました はコメントを受け付けていません。
10月 292015
 

電顕室を利用した成果で二編の論文が受理されました。

1.[共同利用]Itoi M., Jike T., Nishio-Hamane D., Udagawa S., Tsuda T., Kuwabata S., Boukheddaden K., Andrus M.J., Talham D.R. (in press) Direct Observation of Short-Range Structural Coherence During a Charge Transfer Induced Spin Transition in a CoFe Prussian Blue Analogue by Transmission Electron Microscopy, Journal of the American Chemical Society. DOI: 10.1021/jacs.5b08242

2. [共同利用]Saito T., Nishio-Hamane D. (2015) Magnetic properties of Sm5Fe17 melt-spun ribbons and their borides, AIMS Materials Science, 2, 392-400. doi: 10.3934/matersci.2015.4.392

→実績

 Posted by at 10:54 AM
8月 242015
 

電顕室を利用した成果で二編の論文が出版されました。

1.Nagashima M., Nishio-Hamane D., Tomita N., Minakawa T., Inaba S. (2015) Ferriakasakaite-(La) and ferriandrosite-(La): new epidote-supergroup minerals from Ise, Mie Prefecture, Japan. Mineralogical Magazine, 79, 735-753. DOI: 10.1180/minmag.2015.079.3.16.

2.Ishiwata Y., Takahashi E., Akashi K., Imamura M., Azuma J., Takahashi K., Kamada M., Ishii H., Liao Y., Tesuka Y., Inagaki Y., Kawae T., Nishio-Hamane D., Nantoh M., Ishibashi K., Kida T. (2015) Impurity-Induced First-Order Phase Transitions in Highly Crystalline V2O3 Nanocrystals. Advanced Materials Interfaces, 2, 1500132(1-6), DOI: 10.1002/admi.201500132.

→実績

 Posted by at 6:26 PM
4月 112015
 

平成27年度後期共同利用の募集を開始しました

電子顕微鏡室の各種装置は共同利用で使用することが出来ます。
申請期限は平成27年6月8日(月)となっています。
利用や申請方法などについて不明な点はなんでもお問い合わせください。
継続の連絡先も以下となっています。

連絡先→tem*
(*以下を@issp.u-tokyo.ac.jpへ変えてメールしてください。)
担当:浜根

 Posted by at 9:38 PM