論文が出版されました

 成果, 電顕  論文が出版されました はコメントを受け付けていません。
10月 042018
 

spark plasma sinteringによって合成されたSmFe12相を基質とする磁石について、Tiをドープした際の磁気特性を報告しました。電子顕微鏡室では合成相の同定と透過型電子顕微鏡観察が行われました。

Saito T., Watanabe F., Nishio-Hamane D. (2019) Magnetic properties of SmFe12-based magnets produced by spark plasma sintering method. Journal of Alloys and Compounds, 773, 1018-1022. Doi: 10.1016/j.jallcom.2018.09.297

 Posted by at 4:35 PM

論文が出版されました

 成果, 電顕  論文が出版されました はコメントを受け付けていません。
10月 042018
 

上床研を中心とした研究グループによって行われた研究で、Al3Niにおいて高圧高温処理による溶融分離特性と成長機構が示されました。電子顕微鏡室では合成された合金の定量分析および組織観察が行われました。

Wang X.H., Wang H.W., Zou C.M., Wei Z.J., Uwatoko Y., Gouchi J., Nishio-Hamane D., Gotou H. (2019) The effects of high pressure and superheating on the planar growth of Al3Ni phase in hypo-peritectic Al-30wt%Ni alloy. Journal of Alloys and Compounds, 772, 1052-1060. Doi: 10.1016/j.jallcom.2018.09.079

 Posted by at 4:19 PM

論文が出版されました

 成果, 電顕  論文が出版されました はコメントを受け付けていません。
10月 042018
 

中辻研を中心とした研究グループによって行われた研究で、純粋なMn金属に比べたとき、Mn82Sn18組成のアモルファス/ナノ結晶合金ではスピンホール角が著しく増加し、逆に抵抗率は減少することが見いだされました。電子顕微鏡室では合成された合金の定量分析が行われました。

Qu D., Higo T., Nishikawa T., Matsumoto K., Kondou K., Nishio-Hamane D., Ishii R., Muduli P.K., Otani Y., Nakatsuji S. (2018) Large enhancement of the spin Hall effect in Mn metal by Sn doping. Physical Review Materials, 2, 102001(R). doi: 10.1103/PhysRevMaterials.2.102001

 Posted by at 4:11 PM

閉室スケジュール再延長

 電顕  閉室スケジュール再延長 はコメントを受け付けていません。
9月 032018
 

8/31日に落雷による停電が発生し、装置が停止しました。
復旧作業のため9/5までTEM室を閉室とします。
装置近況で各装置について復旧状況を確認ください。

 Posted by at 9:42 AM

閉室スケジュール再延長

 電顕  閉室スケジュール再延長 はコメントを受け付けていません。
8月 222018
 

8/20-22でGun交換を実施しましたが、初期不良を示したため再度交換を実施します。
ひとまず8/27日を閉室とし交換作業を行います。

 Posted by at 11:46 AM

閉室スケジュール延長

 電顕  閉室スケジュール延長 はコメントを受け付けていません。
8月 092018
 

8/3-8/10で実施されたFE電子銃交換&保守でしたが、FE電子銃が不良だったため8/20-22を閉室とし再度交換を行います。

 Posted by at 10:35 AM

論文が出版されました

 成果, 電顕  論文が出版されました はコメントを受け付けていません。
8月 012018
 

中辻研を中心とした研究グループによって、磁性金属Co2MnGaについて室温においてこれまでの最高値の10倍以上大きな異常ネルンスト効果が示されることが明らかとなりました。電子顕微鏡室では磁性金属Co2MnGaについて定量分析と元素マッピング、および電子線回折実験が行われました。

Sakai A., Mizuta Y.P., Nugroho A.A., Sihombing R., Koretsune T., Suzuki M., Takemori N., Ishii R., Nishio-Hamane D., Arita R., Goswami P., Nakatsuji S. (2018) Giant anomalous Nernst effect and quantum-critical scaling in a ferromagnetic semimetal. Nature Physics, doi:10.1038/s41567-018-0225-6.

 Posted by at 5:48 PM

2100TEM復旧

 電顕  2100TEM復旧 はコメントを受け付けていません。
7月 022018
 

本日午前、2100TEMは復旧しましたので利用できます。

 Posted by at 11:37 AM

2100TEM復旧作業

 電顕  2100TEM復旧作業 はコメントを受け付けていません。
6月 302018
 

6/25-28の閉室期間中に、2100TEMがダウンし真空度が低下しました。
復旧は7/2日以降を見込んでいます。
詳しい状況は装置近況を参照ください。

→装置近況

 Posted by at 4:08 PM

イオンスライサ復旧

 電顕  イオンスライサ復旧 はコメントを受け付けていません。
4月 272018
 

ターボポンプ交換により復旧しました。
試料作成を再開しています。

→装置近況

 Posted by at 3:31 PM