いつ、誰に必要?(外国人研究者の在留資格)


東大から給与・報酬が支払われる

またはJSPSなど他機関から支給される
滞在費が高額である場合

YES                   NO

日本での滞在が90日以上?

YES              YES           NO

教授ビザ               文化活動ビザ         ビザ不要/短期滞在ビザ

外国人客員所員            研究実習生             短期招聘者
ISSP特任研究員            外国人客員研究員※         WS参加者
JSPS特別研究員            ISSPリサーチフェロー※          
外国人客員研究員※
ISSPリサーチフェロー※


主な在留資格

教 授滞在期間の長短に関わらず、物性研(またはJSPS/JSTなどの予算)において報酬・経費の支払がある場合。

文化活動:報酬を伴わない活動(滞在費が自己負担あるいは実費相当)であり、滞在期間が90日以上。

短期滞在:研究打合せ、国際ワークショップ・シンポジウム出席など、報酬を伴わない活動で、滞在期間が90日以内

※教授/文化活動で迷う場合は、滞在費の総額を確認しビザコンサルティングサービスに相談することをお勧めします。
※この他、家族滞在、高度専門職などの在留資格もあります。


必要な手続きについて

外国人研究者手続き一覧 ⇒ こちら

外国人研究者を採用したい時の手続き (UTokyo-atlas > 目的から探す >)  ⇒ こちら


ビザコンサルティング

研究人材の国際的流動化を促進するためのサポート業務として、ビザコンサルティングサービスビスを開設しています。 ビザコンサルティングサービスでは時間外でもメールなどで相談に乗っていただけます。困ったな、わからないな、と思ったことがあれば、質問してみてください。

再入国許可

以前は一度日本から出る場合、再入国許可(Re-entry permission)申請が必要でしたが、現在は在留カード(Resident Card)を提示すると共に、入国出国用EDカードの再入国希望欄にチェックすることにより、1年以内の再入国が事前申請なしで出来ます。詳しくは新しい在留管理制度について(法務省・入国管理局)をご覧ください。




リンク

>>・入国管理局HP

>>・東京入国管理局

>>・外務省