東京大学 物性研究所 大学院進学ガイダンス

Institute for Solid State Physics, University of Tokyo

2016. 6. 4 (土)

※このページは2016年度です。2017年度のガイダンスページはこちら


物性研究所大学院の構成

物性研究所には40を超える研究室があり最先端の物質科学研究を展開しています。物性研究所での大学院教育を希望する場合それらのうち一つの研究室に所属する事になります。恵まれた研究設備と環境により、物性研では大学院生でも比較的早いうちに研究の第一線に躍り出る事ができます。教員一人当たりの学生数が少ない事も大きな特徴で、密度の濃い大学院教育を受ける事ができます。物質科学研究の特徴として比較的少人数(時には一人!)で研究を進める事ができるため、整備された大型研究設備群を駆使し自分のアイデアを存分に試す事も出来るでしょう。

物性研究所は専攻の名称ではありません。したがって、物性研究所への入学というものはありません。大学院生は指導教員(研究室の教授または准教授)が担当する東京大学大学院の以下のいずれかの専攻に所属します。

大学院の授業としてはそれぞれの専攻の授業を受けることになります。一方で、大学院研究活動は物性研究所で行います。

物性研究所の研究室での大学院教育を希望する場合は、志望する研究室の教員が上のどの専攻に属するかを調べ、その専攻の入学試験を受験する必要があります。入学試験については各専攻のサイト(下記)を参照してください。

理学系研究科物理学専攻
理学系研究科化学専攻
工学系研究科物理工学専攻
新領域創成科学研究科物質系専攻
新領域創成科学研究科複雑理工学専攻