ISSP - The institute for Solid State Physics

Seminar
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
[国際ワークショップ]
New Perspectives in Spintronic and Mesoscopic Physics (NPSMP2015)
標題: New Perspectives in Spintronic and Mesoscopic Physics (NPSMP2015)
日時: 2015年6月1日(月)~2015年6月19日(金)  
場所: 東京大学物性研究所
世話人: 加藤 岳生 (内線:63255)
e-mail: npsmp2015-sec :at: issp.u-tokyo.ac.jp
内容: この滞在型ワークショップでは、スピントロニクスとメゾスコピック系物理の2つの分野をとりあげ、世界の最前線で活躍している海外の理論研究者を招待し、国内の研究者と十分な時間をかけて議論を行う。スピントロニクス分野からはスピンダイナミクスやスピン軌道相互作用に起因する諸現象を、メゾスコピック分野からはナノスケール素子の伝導特性および関連する諸現象を、それぞれ取り上げる。分野間の交流を通して、近い将来重要となる研究テーマについて討議し、今後の展望を探る。また、この滞在型ワークショップ中(6月10日〜12日)に国際シンポジウムを開催し、全国の理論・実験研究者による最新の成果報告を行う。シンポジウムでは、関連する周辺領域の話題(表面伝導、原子層物質、ダイアモンド中欠陥での量子情報制御など)もとりあげ、広い視点から将来の課題を討議する。

詳細ページ: http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/public/npsmp2015/index.html