ISSP - The institute for Solid State Physics

Seminar
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
[物性研ニュース]
上田 顕氏(森研究室助教)が平成28年度日本化学会進歩賞を受賞
山本 尚 日本化学会会長(右)から表彰楯を受け取る上田氏
山本 尚 日本化学会会長(右)から表彰楯を受け取る上田氏
  日本化学会は、化学の基礎または応用に関する優秀な研究業績を挙げた若手研究者(37歳未満)に「日本化学会進歩賞」を授与しています。今年度(第66回)の受賞者の一人に上田 顕氏(森研究室助教)が選ばれました。

  受賞題目は、「プロトン・π電子授受能を活用した新規機能性有機結晶の開発」です。同氏は、プロトンおよびπ電子の授受能を活用した新物質開発とその構造物性研究により、機能性有機結晶の新たな一面・可能性を見いだし、有機物性化学・固体物理化学分野に新展開をもたらすことに成功しました。固体中における水素とπ電子の相関現象の開拓は、本分野における長年の課題であり、そのブレイクスルーとなる成果を挙げたことは国内外で特に高い評価を受け、今回の受賞に至りました。

http://www.chemistry.or.jp/news/information/28-8.html

対象論文:
[1] “Hydrogen-Bond-Dynamics-Based Switching of Conductivity and Magnetism: A Phase Transition Caused by Deuterium and Electron Transfer in a Hydrogen-Bonded Purely Organic Conductor Crystal”, A. Ueda, S. Yamada, T. Isono, H. Kamo, A. Nakao, R. Kumai, H. Nakao, Y. Murakami, K. Yamamoto, Y. Nishio, H. Mori, J. Am Chem. Soc. 136, 12184 (2014). (highlighted in JACS spotlights)

[2] “Modulation of a Molecular π-Electron System in a Purely Organic Conductor that shows Hydrogen-Bond-Dynamics-Based Switching of Conductivity and Magnetism”, A. Ueda, A. Hatakeyama, M. Enomoto, R. Kumai, Y. Murakami, H. Mori, Chem. Eur. J. 21, 15020 (2015).

[3] “Unexpected Formation of ortho-Benzoquinone-fused Tetraselenafulvalene (TSF): Synthesis, Structures, and Properties of a Novel TSF-based Donor-acceptor Dyad”, A. Ueda, H. Kamo, H. Mori, Chem. Lett. 44, 1538 (2015).

他の受賞者との集合写真。前列中央が上田氏
他の受賞者との集合写真。前列中央が上田氏