ISSP - The institute for Solid State Physics

Seminar
文字のサイズ: (小) / (中) / (大)
[物性研ニュース]
遠藤護さん(小林研究室D3)がEPS-QEOD Travel Grant Student Awardsを受賞
遠藤護さん
遠藤護さん
  物性研・小林研究室の遠藤護さん(博士課程3年)が欧州物理学会(EPS: European Physical Society) から、EPS-QEOD Travel Grant Student Awardsを受賞しました。国際会議 CLEO®/Europe-EQEC 2015(ミュンヘン、ドイツ)期間中の6月23日に授賞式が行われ、遠藤さんに賞状と賞金が贈呈されました。

  受賞論文の題目は、「15-GHz, Kerr-Lens Mode-Locked Laser and Fourier Synthesis of Each Comb Tooth」です。15 GHzという繰り返し周波数の極めて高いフェムト秒レーザーを開発し、その縦モードを独立に制御することで任意の光波形を作り出すことに成功しました。

  CLEO®/Europe-EQEC 2015は隔年で開催されるレーザーおよび光エレクトロニクス全般に関する世界最大規模の国際会議です。今回、10人の学生がTravel Grant Studen Awardsを受賞しました。
EPS-QEOD Travel Grant Student Awards

対象論文:
Mamoru Endo and Yohei Kobayashi, "15-GHz, Kerr-Lens Mode-Locked Laser and Fourier Synthesis of Each Comb Tooth," FC-4.2, CLEO®/Europe-EQEC 2015, Munich, Germany, June 21-25 (2015)